糖尿病でも予備群でも血糖値測定器を使って血糖値を管理

肥満の種類

肥満は皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満の二つがあります。

内臓脂肪型肥満は、腹腔内の腸間膜などに脂肪が過剰に溜まるタイプの肥満で、ウエストのまわりが大きくなるので「リンゴ型肥満」とも呼ばれます。

男性に多いのが特徴です。生活習慣病と関わるその肥満は健康維持のために気をつける必要があります。

肥満度の判定材料にBMIという計算値があります。

肥満度の目安 BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

18.5以下 痩せている、18.5〜25.0 普通の体重、25.0〜30.0 肥満1度、 30.0〜35.0 肥満2度、35.0〜40.0 肥満3度、40.0以上 肥満4度となっています。

この基準に年齢・性別の関係はありません。

BMIが25未満で、肥満ではなくても、内臓脂肪が溜まっている場合もあり、「隠れ肥満症」と呼ばれています。この「隠れ肥満症」が、高血糖、脂質異常、高血圧が引き金となり、糖尿病、心臓病などの生活習慣病をひきおこします。

内臓脂肪症候群の判断基準で、CTスキャンでおへその位置で体を輪切りにしたときの臓脂肪面積が100cm2を超えているものをいう。

それにあたる目安として、ウエスト周囲径(男性85cm以上、女性90cm以上)が採用され、内臓脂肪症候群と判断されています。

血糖値が上がらぬよう血糖値測定器、血圧が上がらぬよう血圧計などをつかわないですむように、肥満とならぬ為の生活習慣を心がけることが大事であります。

メニュー

Copyright (C) 糖尿病でも予備群でも血糖値測定器を使って血糖値を管理. All Rights Reserved.