糖尿病でも予備群でも血糖値測定器を使って血糖値を管理

血糖値測定器に誤差はあるのか

自分で購入した血糖値測定器と病院の検査でわかった血糖値のあいだには誤差がでることがあります。

自分の血糖値測定器で計ることができる値はどの程度信用することができるのでしょうか。機械である以上、一定の誤差がでるのは仕方がないのですが、許される誤差の基準があります。

これは2003年に発行された国際規格であるISO 15197です。この基準では、「血糖値75 mg/dl未満では±15mg/dl、血糖値75mg/dl以上では± 20% 以内」となっています。

また、どうしても心配な場合は、「グルコースコントロール液」という試験薬で機器が正常に測定できているかを調べることができます。

それから、病院で測った結果とは違う値がでる原因として測定方法があります。血糖値はつねに一定の値ではありません。測定状況がかわれば値も変わってくるのです。

また、血液を採取する場所でも異なってきます。病院の血液検査では静脈から血液を採取します。これに対して自己計測をするときには指など毛細血管の血糖値を測定することになります。これも値のズレの原因になります。

家庭で計測する場合には、血液以外の体液が混じってしまうケースがあります。穿刺器を使って出血させるとき、十分な量がでない場合、指先を絞ってしまうと、血液以外のものが混入して誤差の原因になることがあります。

メニュー

Copyright (C) 糖尿病でも予備群でも血糖値測定器を使って血糖値を管理. All Rights Reserved.