糖尿病でも予備群でも血糖値測定器を使って血糖値を管理

血糖値測定器に保険は適用されるのか

血糖値測定器を使用する場合、保険は適用されるのでしょうか。

まずインスリン療法をしている場合、血糖値測定器の購入代金や測定のときに必要になる消耗品(穿刺器、穿刺針、試験紙、消毒綿)などの費用は保険の適用になります。

医師から一日に測定回数を指示されることになるので、その回数分の消耗品であれば購入代金に健康保険が適用されます。

また糖尿病の場合、インスリン注射が必要な場合と服薬のみでの治療になる場合があります。後者の場合、血糖自己測定が必要でないと判断されれば保険がきかない場合があります。

インスリン療法による血糖自己測定とインスリン注射が必要な場合、測定器自体を病院が貸し出し、消耗品も通院側で準備し支給されることが多いです。

では、インスリン療法をしていない、個人で健康管理のために購入・使用する場合はどうなるのでしょうか。この場合、基本的に保険の適用はありません。全額自費となります。

ただし、購入代金は医療控除の対象となります。確定申告することで、医療控除が受けられます。

このとき医療控除の対象となるのは、測定器本体の購入代金だけではなく、関連する他の消耗品の購入代金も含まれます。そのため領収書は保管しておきましょう。

メニュー

Copyright (C) 糖尿病でも予備群でも血糖値測定器を使って血糖値を管理. All Rights Reserved.