糖尿病でも予備群でも血糖値測定器を使って血糖値を管理

血糖値測定器の使い方

内臓脂肪症に関わる血糖値を測定する血糖値測定器の使い方は難しいものではありません。

機種により少しの違いがありますが、一般的には次のようになります。

はじめに機器をセットする。細かくは穿刺器具とセンサーをセットします。穿刺部分を消毒してから、針で血を出します。

測定器本体に血をしみ込ませ、しばらく待ちます。測定結果(測定値)を記録します。

血液採取時に注意しなければならないことがあります。

針で血を出すとき、スムーズに血液が出なかった時、指先を絞るように血液を出してはならないということです。絞ると血液以外の体液が混じってしまうので、測定結果がより誤差を含みやすいからです。

できるだけ誤差をさけるため、穿刺前、血が出やすいよう、穿刺部分を温めたり揉んでおくと有効だといわれています。

血糖値測定器には測定方法により二つの種類があります。

一つは比色法という原理で測定するもので、特殊な試験紙に血液をたらし、試験紙の色の変化により血糖量を測る方法です。

もう一つは、電極法といわれる原理で測定するもので、血液に電気を流し、どれだけ電気が流れるかで血糖量を測る方法です。

比色法での測定は、厳密な数値は機械で読み取るが、目で見ても測定できる分、わかりやすいのがメリットです。一方の電極法は、機器の扱いが簡単なのと、測定までの時間が短いことがメリットとなっています。

メニュー

Copyright (C) 糖尿病でも予備群でも血糖値測定器を使って血糖値を管理. All Rights Reserved.