糖尿病でも予備群でも血糖値測定器を使って血糖値を管理

血糖値とはなにか

血糖値とは、血液内のグルコース(ブドウ糖)の濃度です。通常の場合、空腹時における血糖値はおおよそ80-100mg/dl程度です。食後は若干高い値を示しますが、すぐに正常値に下がります。

体内におけるグルコースはエネルギー源として重要や役割をしますが、過剰になると血管を損傷させるなどの有害作用があります。

あがりすぎた血糖値を下げる作用があるのが膵臓から放出されるインスリンです。これが高血糖に対する唯一の調整手段となって、この調整機能が破綻してしまった状態が糖尿病です。

糖尿病は、合併症として、神経障害、網膜症、腎症などを引き起こすことが多いです。

また低すぎても問題がおこります。低血糖発作として心拍数や拍出量の増加、手足の筋肉の痙攣、失神発作などがおこります。

血糖値が50mg/dlを下回る低血糖をひきおこすと、大脳のエネルギー代謝が維持できなくなり意識障害がおき、最悪の場合は死に至ることがあります。

血糖値を適切に保つには、食後に血糖値が急速に上昇させる白米や白パンだけではなく、野菜や果物をたべることです。食物繊維には血糖値の急激な上昇をおさえる働きがあります。

スナック菓子や甘いお菓子、清涼飲料水は控えて、肉より魚を食べるようにしましょう。適度な運動をするようにして、定期的に血糖値を測定することも必要です。

メニュー

Copyright (C) 糖尿病でも予備群でも血糖値測定器を使って血糖値を管理. All Rights Reserved.